瞬間風速的読書雑記帖

読んだ本の一言感想メモです。基本はコミック。ナチュラルにネタバレありなので要注意です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年舞妓・千代菊がゆく! 十六歳の花嫁

少年舞妓・千代菊がゆく! 十六歳の花嫁 (コバルト文庫)少年舞妓・千代菊がゆく! 十六歳の花嫁 (コバルト文庫)
(2014/10/01)
奈波 はるか

商品詳細を見る



【一言感想】
え~・・・もうなんと言っていいのか、という内容でした~。これはないわあ~(涙)。
メインタイトルのはもう個人的には論外という感じなんですが、その他の短編はまあまだ許せる感じです。サブキャラのフォローは出来てるかなと。でもやっぱりマルチEDにありがちな物足りなさ感が半端ない。
それにしても記憶喪失はもう確定設定なのか・・・?これが一番いやなんですが~。もっと頑張れよ、シャーク!!(苦笑)
最後の1冊に望みをかけたい・・・。頼みますよ、ホント!!
スポンサーサイト

少年舞妓・千代菊がゆく! 一夜限りの妻

少年舞妓・千代菊がゆく! 一夜限りの妻 (コバルト文庫 な 9-55)少年舞妓・千代菊がゆく! 一夜限りの妻 (コバルト文庫 な 9-55)
(2014/08/01)
奈波 はるか

商品詳細を見る



【一言感想】
え~っと・・・誰得なんですかね?このマルチエンディング企画って!!(苦笑) 
よもや小説でこんなことをされるなんて思ってなかったですよ。そういう意味では斬新な企画ではあるかもだけど、正直こんな企画で3冊も引っ張られるとかちょっと待て!と言いたくなりました・・・。
1冊目はゲームでいうとバッドEDかな?こういう終わり方をされると今まで読んできた時間を返せ!と思います。ゲームならまだ許せるけど、単行本でやられるとな・・・。
まあこれが真EDではない・・・と思いたい。つうか真EDにあたる面白くてすっきりする完結編を書いてくれるのがプロだよね!だよね!!(←無駄にプレッシャー。笑)
3冊だからあと1冊はひねってくる気なんだろうか?紫堂復活・・・はないか。
それよりとにかくニレ・・・頑張ってくれ!!メインヒーローとしての意地と根性を見せてくれ!!!(涙)

緋色の研究

緋色の研究 (新潮文庫)緋色の研究 (新潮文庫)
(1953/06/01)
コナン ドイル

商品詳細を見る



【一言感想】
全く今更なんですが、今まで読んでなかったので読んで見ました原典!! 推理マンガはかなり好きなのに、外国文学ってだけで今まで敬遠してました・・・(苦笑)。
ホームズはあちこちの出版社から出てますが、表紙のデザインが好きなので新潮文庫版で。でもせめて発表順にナンバリングして欲しい。1から読んだら長編が後回しになって判りにくいよ~。
改版されているからか、思ったより読みやすくてよかったです。確かに古い言い回しも多いけど、そもそも作品自体が一昔前なわけだから、それは逆に時代の雰囲気に似合ってると言えなくもないと思います。
緋色~から読めばちゃんとホームズとワトソンの出会いから判るのでおすすめ。(私はナンバリングを信じて冒険から読みました。そうしたら次が帰還で話が一気に飛びすぎた。のでこれからは発表順に読もうと思います!)

少年舞妓・千代菊がゆく!  かまいませんよ、男でも

少年舞妓・千代菊がゆく! かまいませんよ、男でも (少年舞妓・千代菊がゆく! シリーズ) (コバルト文庫)少年舞妓・千代菊がゆく! かまいませんよ、男でも (少年舞妓・千代菊がゆく! シリーズ) (コバルト文庫)
(2013/11/30)
奈波 はるか

商品詳細を見る



【一言感想】
ああ、ええ、そうですよね。今までのことを考えたら一気にそこまで話が進むはずないですよね!
ということで楡崎は一体どういう方向へ行く気なんですかね・・・。
男共が徐々に退場していく中頑張ってるニレには幸せになってほしい・・・けど、美希也が声変わりしたらどうなるのかと考えると・・・。
・・・とりあえずあと数冊ということなので見守るしかない・・・(苦笑)。

永遠の曠野 芙蓉千里IV (完結)

永遠の曠野 芙蓉千里IV (角川文庫)永遠の曠野 芙蓉千里IV (角川文庫)
(2013/08/24)
須賀 しのぶ

商品詳細を見る



【一言感想】
歴史大河少女小説がこれで完結です!・・・でも少女小説と言うにはちょっと後半ハードだったか(笑)。確かにこれティーンズ系レーベルでは書けませんわ。
フミの激動の前半生を描ききった感のある濃密な読後感ですが、どう考えてもこれ、後半生も激動だろ!!(苦笑) だって満州国ですよ!これから大変なのは明白だし!!
まあ中年になったフミの激動の人生を読みたい少女がいるかというと・・・微妙か(苦笑)。それなりの年齢の読者なら読めると思うけど、ここで終わるあたりが余韻があっていいのかもというのもあります。
男性作家だったらきっと最後まで書くんじゃないかと思うけどね。
とにかく面白い物語をありがとうございました!

HOME →次ページ

プロフィール

まもる

Author:まもる
読書傾向*少女マンガ・少年マンガ・青年誌・ハーレ・BLなど、ジャンルと傾向はかなり雑食です。
小説とノンフィクションも好き。歴史大好き。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
QRコード

QRコード

m2booksroom

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。