瞬間風速的読書雑記帖

読んだ本の一言感想メモです。基本はコミック。ナチュラルにネタバレありなので要注意です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JESUS 砂塵航路 1~3

JESUS 砂塵航路 2 (ビッグコミックス)JESUS 砂塵航路 2 (ビッグコミックス)
(2009/10/30)
七月 鏡一:原作/藤原 芳秀:作画

商品詳細を見る



【一言感想】
今日、新刊台を見てびっくりしました・・・。
JESUSだよ!!JESUSの新刊だよ!!ちょ、マジで!??
いやもう本気でびっくりした・・・(笑)。サンデー本誌で連載してた時すごい好きだったのですよ!しかも9月から連続刊行してたっていうのに3巻目になってようやく気づくなんて・・・
どんな節穴ですか、私の目!!(苦笑)
でも気づいてよかった~vWEBコミックでの連載だそうですが、本になってくれてよかった!久々に会いましたが、やっぱりいいなあ、JESUSめv
絵はかなり劇画調なので好みは割れるところかもですが、逆にそこがいいとも言えると思います。重厚なアクションでぐいぐい行ってくれるのが楽しみです~v
スポンサーサイト

のだめカンタービレ 23

のだめカンタービレ #23 (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ #23 (講談社コミックスキス)
(2009/11/27)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る



【一言感想】
とうとう完結しましたね~。初めて読んだときは少女漫画にあるまじき(苦笑)表現がいろいろあって思わず吹きましたが、それも型破りで面白くて大好きでした。
音楽まんがでありながらある意味ここまで音楽となかなか向き合わない主人公も珍しかったと思います(笑)。でも弾き続ける姿は見られたようですのでまあいい終わり方だったのかなと。 みんなのその後が明確ではないけどそれでもまあ楽しんでるようなのでいいか~。なんかミルヒーが一番楽しんでるっぽいですが(笑)。
楽しいまんがをありがとうございました、二ノ宮先生!!

ミミツキ 1

ミミツキ 1 (バーズコミックス)ミミツキ 1 (バーズコミックス)
(2009/11/24)
相川 有

商品詳細を見る



【一言感想】
いままでと違って今回はライト萌え方面か!?と思って手に取った相川氏の新刊です(笑)。
確かにケモノミミ系がわんさと出てきますが、やはりそこは相川テイストといいますか、いろいろ裏設定があってやっぱりライトコメディということにはなりそうにないですね~。 でも主人公は今までで一番ライトだと思います。このアライグマめ!!(笑)

宙のまにまに 7

宙のまにまに 7 (アフタヌーンKC)宙のまにまに 7 (アフタヌーンKC)
(2009/11/20)
柏原 麻実

商品詳細を見る



【一言感想】
この巻は天文部というよりは弱小文化部の頑張りっぷりが微笑ましい話でした。
限られたもので満足するのではなく、そこからもう一歩踏みだそうとするみんなの姿がまたブルースメル満載でよいなあと(笑)。とにかく前を見て突っ走ることが出来るのは高校生くらいの特権ですね~。
あと今回は笑ちゃんのおまけマンガが可愛くてよかったです!!

退魔針 紅虫魔殺行 全6巻

退魔針紅虫魔殺行 6巻 (MFコミックス)退魔針紅虫魔殺行 6巻 (MFコミックス)
(2009/11/21)
菊地 秀行:原作/シンヨンホン:作画

商品詳細を見る



【一言感想】
平安貴族っぽい妖怪と美少女という組み合わせに惹かれて読んでました(笑)。
退魔針シリーズということですが、他の作品を知らなくても特に問題なかったです。(私がそうだった。苦笑)
菊池秀行の耽美ホラーアクションな世界を見事に描いていたと思います。
けっこうグロい描写も多いのですが、話も面白くて読み応えありました!みどり~~~!!(涙)

BILLY BAT 2

BILLY BAT 2 (モーニングKC)BILLY BAT 2 (モーニングKC)
(2009/11/20)
浦沢 直樹 / 長崎 尚志

商品詳細を見る



【一言感想】
・・・なんかずいぶん大風呂敷広げてしまってる感じなんですが!!(苦笑)
一つ一つのエピソードは悪くないけど話の全容がまだまだ判らないのでかなりブツキリ感があります。読者置いてけぼり??
完結するころにはすっきり読めるのかもしれないですが、ちょっととっつきは悪いです。素直に金持をメインにして欲しい・・・。

シバトラ 15

シバトラ 15 (少年マガジンコミックス)シバトラ 15 (少年マガジンコミックス)
(2009/11/17)
安童 夕馬:原作/朝基 まさし:作画

商品詳細を見る



【一言感想】
シバトラ完結です~! いや、正直どこまでやるのかとか思ってたのである意味ほっとしました(苦笑)。あんまりキツい少年犯罪ばかりみたくはないよな・・・。
最後に奇跡が起こったっぽいのはどうなのかと思いますが、でも美月ちゃんが幸せになるのならそれでもいいかなと。 気持ちよく、というには題材が重いので無理はありますが余韻はある終わり方だったと思います。

ハプスブルク家の光芒

ハプスブルク家の光芒 (ちくま文庫)ハプスブルク家の光芒 (ちくま文庫)
(2009/10/07)
菊池 良生

商品詳細を見る



【一言感想】
もうすぐ始まるハプスブルク展に合わせて出たと思われます(笑)。
ハプスブルク家のめぼしい有名人物をピックアップして紹介してる本です。通史を知らないとちょっと判りにくいかもですが、それぞれにポイントがあって面白いです。けっこう文学的文章だと思います。
特にマクシミリアンとフランツ=ヨーゼフはちょっとすごかった・・・。終わりしかないどうしようもなさが。

M.F.C女泥棒会社峰不二子カンパニー  上下

M.F.C女泥棒会社峰不二子カンパニー 上 (アクションコミックス)M.F.C女泥棒会社峰不二子カンパニー 上 (アクションコミックス)
(2009/09/28)
原作:モンキー・パンチ/漫画:鈴木イゾ

商品詳細を見る



【一言感想】
読んでタイトルの如くルパン3世のスピンオフ作品です。でも不二子の出番は多くないです(笑)。
メインはカバーのオリジナルキャラ3人ですが、へんに元気のいいキャラばかりで勢いがあって笑えました。深くツッコんで読んではいけないライトさ(笑)と絵のパワフルさで一気に読めます。
しかし、この会社表では一体何をやってるんだかな・・・(苦笑)。

桃色ヘヴン! 6

桃色ヘヴン! 6 (デザートコミックス)桃色ヘヴン! 6 (デザートコミックス)
(2009/11/13)
吉野 マリ

商品詳細を見る



【一言感想】
やっとか・・・ ・・・というのがとりあえずの感想ですかね(笑)。 某少女まんがレーベルのようにエロシーンが濃く(笑)なかったのでほっとしました。少女まんがはこれくらいでいいよ・・・。
今までは寸止め・すれ違いのやきもき感を楽しんでましたが、これからはいちゃカプっぷりを楽しめそうですね。あと有名税絡みのトラブルか。それも王道でよし。

コミカプ 1

コミカプ 1 (まんがタイムコミックス)コミカプ 1 (まんがタイムコミックス)
(2009/11/07)
後藤 羽矢子

商品詳細を見る



【一言感想】
バクマン。とは対極にあるようなゆるゆる漫画家マンガです(笑)。萌え系漫画家物語・・・なのか??最後ひっぱってたしな~。でもまあゆるさがよいのでOK。
この作者は絵が可愛くて好きなのですが、わりとエロ系も描いてて読んだり読まなかったりなのです。でもこのマンガはエロなしなので安心して読めました(笑)。

エンジェル・ハート 31

エンジェル・ハート 31 (BUNCH COMICS)エンジェル・ハート 31 (BUNCH COMICS)
(2009/11/09)
北条 司

商品詳細を見る



【一言感想】
ベタです。ベタなヒューマンドラマだと判っていてもいつもつい泣けそうになる自分の単純さが微笑ましいです(笑)。
今回はミキちゃん再登場!この子好きだ~!ホントに早く幸せになって欲しいと思うんだ!判ってる?頼むよファルコン!!

帝の至宝 1

帝の至宝 1 (花とゆめCOMICS)帝の至宝 1 (花とゆめCOMICS)
(2009/11/05)
仲野 えみこ

商品詳細を見る



【一言感想】
新人発掘シリーズ!!(笑) 先月に引き続きLaLa系新人の初コミックス買いです。
今回もとにかく表紙から可愛いですv表紙の印象通りの話だったら個人的にはもっと萌えた(笑)と思いますが、本編の設定でも面白かったのでよしとします。
架空中国系のお話ですが、とにかく世界観はゆるゆるなのでゆる~く読むのがいいと思います。ファンタジ~と唱えながら読む!(笑)

最後のロシア皇帝ニコライ二世の日記

最後のロシア皇帝ニコライ二世の日記 (講談社学術文庫)最後のロシア皇帝ニコライ二世の日記 (講談社学術文庫)
(2009/10/13)
保田 孝一

商品詳細を見る



【一言感想】
我ながら「帝国の落日」ものにはよく惹かれます(笑)。今回はロシア。ロマノフ王朝です。
正直今までほとんどまともにさらったことのない部分の歴史だったのですが、日本との関わりとか詳しく触れていて面白かったです。文章も読みやすくてよかった。説明も丁寧で初心者むけとも言えるかも。(革命に絡む部分は複雑で色々判りませんがそっとスルー。笑)
章の内容によって日記の中身が前後しますが、色々な角度から見直しているのも面白い。
けど「しっかりしろよ!!ニコライ二世!!」と思わず言いたくなりました(苦笑)。遊びすぎだよ、皇帝・・・。
それにしても出てくる人物の名前が似てるのがつらかった・・・。世界史はこれだから覚えられないんだよな・・・(苦笑)。

バクマン。 5

バクマン。 5 (ジャンプコミックス)バクマン。 5 (ジャンプコミックス)
(2009/11/04)
大場 つぐみ

商品詳細を見る



【一言感想】
遊びがないのはこのマンガだろ!!
と思わずツッコミたくなったのは私だけではないと思います(苦笑)。まあそれだけ濃密ってことですが。常時全力疾走という感じ。
しかし福田・中井も参戦でこれから熾烈なトップ争いになるのかと思うとちょっと楽しみだけど色々疲れそうです(苦笑)。

HOME

プロフィール

まもる

Author:まもる
読書傾向*少女マンガ・少年マンガ・青年誌・ハーレ・BLなど、ジャンルと傾向はかなり雑食です。
小説とノンフィクションも好き。歴史大好き。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
QRコード

QRコード

m2booksroom

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。