瞬間風速的読書雑記帖

読んだ本の一言感想メモです。基本はコミック。ナチュラルにネタバレありなので要注意です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獅子喰らう 炎の蜃気楼 幕末編

獅子喰らう―炎の蜃気楼(ミラージュ)幕末編 (コバルト文庫)獅子喰らう―炎の蜃気楼(ミラージュ)幕末編 (コバルト文庫)
(2009/04/01)
桑原 水菜

商品詳細を見る



【一言感想】
いきなり幕末だったのでびっくりしました~。戦国編はもう終わりなのか・・・。残念。
夜叉衆内で攘夷派と開国派に分かれるというのはけっこうおもしろかったです。つうか柿崎の過去を短編でいいから読んでみたいよ。どんなロマンスなのか気になる(笑)。
しかし地文の微妙な現代ボキャブラリーにはやはり違和感が・・・。もうしょうがないけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

プロフィール

まもる

Author:まもる
読書傾向*少女マンガ・少年マンガ・青年誌・ハーレ・BLなど、ジャンルと傾向はかなり雑食です。
小説とノンフィクションも好き。歴史大好き。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
QRコード

QRコード

m2booksroom

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。