瞬間風速的読書雑記帖

読んだ本の一言感想メモです。基本はコミック。ナチュラルにネタバレありなので要注意です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のロシア皇帝ニコライ二世の日記

最後のロシア皇帝ニコライ二世の日記 (講談社学術文庫)最後のロシア皇帝ニコライ二世の日記 (講談社学術文庫)
(2009/10/13)
保田 孝一

商品詳細を見る



【一言感想】
我ながら「帝国の落日」ものにはよく惹かれます(笑)。今回はロシア。ロマノフ王朝です。
正直今までほとんどまともにさらったことのない部分の歴史だったのですが、日本との関わりとか詳しく触れていて面白かったです。文章も読みやすくてよかった。説明も丁寧で初心者むけとも言えるかも。(革命に絡む部分は複雑で色々判りませんがそっとスルー。笑)
章の内容によって日記の中身が前後しますが、色々な角度から見直しているのも面白い。
けど「しっかりしろよ!!ニコライ二世!!」と思わず言いたくなりました(苦笑)。遊びすぎだよ、皇帝・・・。
それにしても出てくる人物の名前が似てるのがつらかった・・・。世界史はこれだから覚えられないんだよな・・・(苦笑)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

プロフィール

まもる

Author:まもる
読書傾向*少女マンガ・少年マンガ・青年誌・ハーレ・BLなど、ジャンルと傾向はかなり雑食です。
小説とノンフィクションも好き。歴史大好き。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
QRコード

QRコード

m2booksroom

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。