瞬間風速的読書雑記帖

読んだ本の一言感想メモです。基本はコミック。ナチュラルにネタバレありなので要注意です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩雲国物語 暗き黄昏の宮

彩雲国物語  暗き黄昏の宮 (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 暗き黄昏の宮 (角川ビーンズ文庫)
(2009/12/01)
雪乃 紗衣

商品詳細を見る



【一言感想】
国はどんどんばたばたになってますが、ともあれ秀麗が自分を取り戻してくれてよかったな~と思います。天に漂うより地を歩く人であってほしいです。
しかし劉輝はどんどん追いつめられててちょっと可哀想。正直な話もともと放置王子で登極自体がぐだぐだだったのにたった数年でそんな理想の王の姿をあちこちから求められても困るよな、という感じ。それにそもそも官僚制って皇帝が役立たず(苦笑)でもやっていけるための制度なのでは・・・。成長はしてるんだろうからもうちょっと長い目でみてやってほしいんですけどね~。まあ物語だからしょうがないけど。
現実世界のぐだぐだな王家の内情を見ていると、彩雲国はすごいストイックな世界だよなと思います。みんな生真面目に生きすぎだ!(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

プロフィール

まもる

Author:まもる
読書傾向*少女マンガ・少年マンガ・青年誌・ハーレ・BLなど、ジャンルと傾向はかなり雑食です。
小説とノンフィクションも好き。歴史大好き。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
QRコード

QRコード

m2booksroom

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。