瞬間風速的読書雑記帖

読んだ本の一言感想メモです。基本はコミック。ナチュラルにネタバレありなので要注意です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女妖記

女妖記 (中公文庫)女妖記 (中公文庫)
(2008/09)
西條 八十

商品詳細を見る



【一言感想】
大正・昭和期の詩人・作詞家として有名な西條八十の自伝的小説です。
インテリ有名人が出会った様々な女性(主に芸者)との遍歴を描いたもので、いろいろ色っぽい感じのシーンが多いです。(直接的ではないですが)
しかしこんなに大勢の女性と(しかもおそらくこれでも一部)関係があったりなかったりしたつうのがすごいです(笑)。妾も普通に認知されてる時代ならではの性に対する緩さみたいなものが怖かったり面白かったりという感じです。
主人公の一人称で綴られていて心理的描写も面白く、読みやすかったです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

プロフィール

まもる

Author:まもる
読書傾向*少女マンガ・少年マンガ・青年誌・ハーレ・BLなど、ジャンルと傾向はかなり雑食です。
小説とノンフィクションも好き。歴史大好き。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
QRコード

QRコード

m2booksroom

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。