瞬間風速的読書雑記帖

読んだ本の一言感想メモです。基本はコミック。ナチュラルにネタバレありなので要注意です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の代理人

神の代理人 (新潮文庫)神の代理人 (新潮文庫)
(2012/10/29)
塩野 七生

商品詳細を見る



【一言感想】
ちょっと久しぶりの塩野ルネサンスものです。ルネサンス期の法王4人を取り上げています。
いやまあなんというかかなり泥臭いですよ、法王なのに!(あ、最後のレオーネ十世だけはちがうかな?)
聖職者ではあるけど(建前はともかく実質は)一国の王で政教一致体勢なので戦争とかしまくってますよ。昨日の敵は今日の味方という混沌の欧州情勢が難しいわ~。
特にアレッサンドロ六世(ロドリーゴ・ボルジア。チェーザレの父親)の章がもう終始息詰まる展開!!このまま映画にしてもいいんじゃないかと思うスリリングさというか緊迫感でした。盲信って怖い・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

プロフィール

まもる

Author:まもる
読書傾向*少女マンガ・少年マンガ・青年誌・ハーレ・BLなど、ジャンルと傾向はかなり雑食です。
小説とノンフィクションも好き。歴史大好き。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
QRコード

QRコード

m2booksroom

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。