瞬間風速的読書雑記帖

読んだ本の一言感想メモです。基本はコミック。ナチュラルにネタバレありなので要注意です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FLESH & BLOOD 20

FLESH & BLOOD20 (キャラ文庫)FLESH & BLOOD20 (キャラ文庫)
(2013/06/27)
松岡 なつき

商品詳細を見る



【一言感想】
話がガンガン進んでますね~。前半はスペイン側、後半はイングランド側です。
カイトとジェフリーが仲良くしているのはすごく嬉しいんですが、やっぱりビセンテが大好きなのでどっちに肩入れもできない~!!かなりジレンマ!!(涙)
ビセンテの「あの夏の日」の下りは「王と夜啼鳥」のことだと思うんですが、持ってるけどなんかもったいなくてまだ読んでません~(苦笑)。だってビセンテがビセンテがね・・・(涙)。これを読んだら本気でイングランドを応援できなくなりそうで怖いです。ああ、これもまたジレンマ!!(汗)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

プロフィール

まもる

Author:まもる
読書傾向*少女マンガ・少年マンガ・青年誌・ハーレ・BLなど、ジャンルと傾向はかなり雑食です。
小説とノンフィクションも好き。歴史大好き。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
QRコード

QRコード

m2booksroom

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。