瞬間風速的読書雑記帖

読んだ本の一言感想メモです。基本はコミック。ナチュラルにネタバレありなので要注意です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇帝銃殺: ハプスブルクの悲劇 メキシコ皇帝マクシミリアン一世伝

皇帝銃殺: ハプスブルクの悲劇 メキシコ皇帝マクシミリアン一世伝 (河出文庫)皇帝銃殺: ハプスブルクの悲劇 メキシコ皇帝マクシミリアン一世伝 (河出文庫)
(2014/01/08)
菊池 良生

商品詳細を見る



【一言感想】
フランツ・ヨーゼフの弟、マクシミリアンの一代記です。
ハプスブルク系読み物でざっくりとは知っていましたが、一冊まるごとだったので読み応えありました。
本文には時々小説的というか文学的な盛り上げ表現をしてるところがあって作者の思い入れが感じられますが、文章自体は読みやすいのでOKです。
それにしてもこのあたりの激動の時代の根っからの王族というのは、本当に外交下手が多いんだなと泣けてきます。この坊ちゃんどもめ!!(苦笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

プロフィール

まもる

Author:まもる
読書傾向*少女マンガ・少年マンガ・青年誌・ハーレ・BLなど、ジャンルと傾向はかなり雑食です。
小説とノンフィクションも好き。歴史大好き。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
QRコード

QRコード

m2booksroom

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。